激安、小ロットOK、2019年カレンダーは名入れカレンダー製作所

0120-054-052 9:30〜18:30(土日祝休)

名入れカレンダーのススメ

お役立ち用語集

名入れカレンダーにまつわる言葉、集めてみました。

日表いわゆる日めくりカレンダーのこと。毎日1枚ずつめくってちぎっていくタイプ。
月表月単位で暦を表示するカレンダー。一度に表示する単位により、7枚もの、13枚ものなど形態が異なる。
文字月表文字だけのカレンダーのこと。
写真月表写真やイラストが掲載されているカレンダー。
オフセット印刷版に凹凸がない平版印刷のひとつ。版からゴムのブランケットに転写したインクで紙に刷る。写真や色の再現性に優れているので品質重視の印刷物を大量印刷するのに最適。ただしイニシャルコストが高く、バラのみ印刷が可能。
チャリンコ手動式名入機、壁掛けカレンダー印刷に使用している機械。製本された壁掛けカレンダーを1枚ずつ職人さんが手でめくりながら印刷する方法。少量の印刷に適している。
→詳しくはこちら【印刷方法について】
箔押し印刷凸版を作成し、熱と圧力で金・銀の箔を版に載せ、印刷面に押し当てることで素材の表面に定着させる印刷方法。
→詳しくはこちら【印刷方法について】
シルク印刷大小の穴が空いた版にハケでインクを伸ばし塗り印刷する方法。色々な素材や曲面にも印刷できる。
バラ製本されていないカレンダーのこと。1枚1枚バラバラの状態のこと。
名入れスペースカレンダー名入れ用の余白部分全体のこと。このスペースめいいっぱいに印刷はできない。
名入れ印刷寸法名入れスペースの内、チャリンコで名入れできる最大寸法のこと。
外玉外国向けのカレンダーのこと、日本の祝祭日や六曜を削ったもの。
刷り色印刷するインクの色のこと。
すみ黒インクのこと。ブラック。
天地上と下、又は上から下の意味。
カレンダーの数字のこと。1月~12月の月数を月玉、日数を日玉という。
無印名入れ印刷の無い製品の総称を指す
六曜昔の暦に記載されていた方角などの吉凶に関する事項のひとつ、旧暦の1日に定められており、以降順に配当している。現在では主に冠婚葬祭時に配慮され、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6種類となっている。
→詳しくはこちら【六曜】
カレンダーの日12月3日。現在使用されている太陽暦が日本で採用された1872年。わずか23日後の12月3日を、「新暦の明治6年1月1日とする」という政府発表の史実に基づき、全国団扇扇子カレンダー協議会により定められた。
国民の祝日「自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。」(国民の祝日に関する法律第1条)
日程については、国民の祝日に関する法律第2条で定められている。
→詳しくはこちら【国民の祝日】