激安、小ロットOK、2019年カレンダーは名入れカレンダー製作所

0120-054-052 9:30〜18:30(土日祝休)

名入れカレンダーのススメ

『今年も1年お世話になりました』

大切なお客様、ビジネスパートナーへの年末のご挨拶。今年の販促品はどうしよう、と毎年お悩みの方も多いのではないでしょうか。

ボールペン、メモ・付箋類、ハンカチ等々...販促品にもいろいろありますが、今年は名入れカレンダーにしてみてはいかがでしょうか。

こちらでは、「名入れってなに?」「カレンダーってどうなの?」という疑問に対し、名入れカレンダーについて知っていただき、納得してお買い物いただけるよう、名入れカレンダーのアレコレをご紹介いたします。

名入れってなに?

あまり耳馴染みのない言葉かと思います。
お電話でもよく聞き返されることが多いのが現状です。

名入れとは“販促品・ノベルティなどに自社名を掲載すること”です。

取引先の営業の方などにいただいたこと、一度はあるのではないでしょうか。 ”○○株式会社”と入った、ボールペンやメモ帳、付箋等、まさにそれらが”名入れ”販促品です。 そしてその“名入れ”をカレンダーに施したものが、名入れカレンダーなのです。

販促品の一番の役割は、“会社名を覚えてもらう、知ってもらうこと”。 せっかく用意しても、名入れがなければどの会社の誰からもらったのか分からず、わざわざ配る意味がなくなってしまいます。

つまり、名入れなしに販促品ははじまらないのです。

名入れカレンダーってどうなの?

スマホを筆頭にデジタル製品が日常に増えたとはいえ、職場で、家庭で、また外出先で、1日1度は必ず゙紙カレンダーを目にするのではないでしょうか。普段意識をしないだけで、日常に当たり前にあるとても身近な存在なのです。

『プライベートはスマホで管理するけど会議の予定は紙カレンダーに書き込む』
『家族の予定は紙カレンダーに書いて共有する』

このように、紙カレンダーにはアナログならではのよさがあると、私たち名入れカレンダー製作所は考えています。いつでもどこでもといったオンラインサービスの利便性はなくても、予定を書き残す楽しみや、家族のコミュニケーションを生み出すといった独特の温かみがあるのです。

また、ビジネスマンしか使わない、若者しか使わない、の様にユーザーが限定されていないのも紙カレンダーならでは。スケジュール管理の激しいビジネスシーンはもちろん、お客様のご自宅や職場の会議室など、あらゆる場所で使ってもらえるツールなのです。

使う人、使う場所を選ばないカレンダーは、まさに万人に喜ばれます。つまり名入れカレンダー最大の特徴は、なんといっても1年365日、お客様の目に留まる販促品であること。これは本当に、驚くべきことなのです。

一度置いてもらえば (または掛けてもらえば)、自動的に1年中そこに置かれる権利を獲得できます。まさか9月半ばで唐突に捨てられることもありませんよね。使い切ったから1週間で捨てられた、などの心配もありません。

名入れカレンダーなら、365日、お客様のそばであなたの会社をアピールしてくれます。
1回数十万もかかる広告費用が多い世の中、渡す人を選ばず、ぬくもりがあり、毎日目に付き、単価も低めな販促品はなかなかありません。

さっそく探していきましょう

いかがでしたか?名入れカレンダーのこと、少しは知っていただけましたでしょうか。
今年の販促品は名入れカレンダーにしよう!と思っていただければ幸いです。

「そうと決まれば、早速カレンダーを選ばなきゃ!」と張り切っていらっしゃるかもしれません。 せっかく準備して渡すのですから、渡した販促品が棚の隅で埃まみれ...なんて事にならないように、たくさん使ってもらって、喜んでもらえるカレンダーを選びたいところです。

でも、忙しい日々の中、ゆっくり選ぶ暇なんてない!が本音だと思います。 私達が、いいものを、すぐにお選びいただけるようにサポートいたします。

まず考えたい 名入れカレンダーポイント

知りたい 名入れカレンダー事情

自社にあった商品は? オススメ商品